インデックス
PR

 

 

 

 

 


モバイル WiMAXキャンペーン比較一覧

 自宅ではフレッツ光を使っていても、やはり、外出先や移動中でも広いエリアで高速インターネットが楽しめる「データ通信端末(モバイルルータ)」が欲しいものです。

 最近では、フレッツ光回線を使わなくても、「モバイルWiMAX」だけで、ネット接続の環境を作れるようになりました。また、モバイルWi-Fiルータが進化しています。引越しの多い若い方や、自宅よりも外出先でのネット環境を重視する人(ビジネスマンや学生)には、非常に便利です。

(注記:「モバイルWiMAX」やイーモバイルの「EMOBILE G4、EMOBILE LTE」は、「モバイルブロードバンド」の1方式ですが、技術的背景は別分類です。しかし、利用者の利便性から見て同じ分類として扱い書いています。)

 特に、固定回線利用が非常に少ない、つまり自宅であまり利用しない、モバイル利用が中心のユーザーにとっては、高速な移動通信方式は魅力的なサービスです。

 携帯回線方式の方は、さらに高速なサービスへと移行が急速に進んでいます。つまり、3G通信回線(第3世代の携帯)から移行中の、その拡張版であるLTE (Long Term Evolution )方式」(第3.9世代移動通信システム)への移行が急展開しています。

 多くの方がご存知と思いますが、最新スマートフォン(iPhpne5など)には、無線LANが使える「テザリング機能(※注記)」が付いています。これを利用すれば、ここに紹介のデータ通信端末、「モバイルルータ」と同様に、PCのネット接続を含め、フレッツ光回線は不要となります。

(※注記)
 テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用して、PCなどをインターネット接続させる機能のこと。少し前に発売された「iPhone5 」に付属している。

 テザリング機能のあるスマートフォンがあれば、例えばWiFiルータを持ってなくても、そのスマートフォンを利用し屋内、屋外に関係なく、パソコンやゲーム機でインターネット通信ができる。



 しかし、このスマホでの利用料金がまだ高く、その他の問題点(スマートフォンで、テザリング機能を利用すると、バッテリーを大量消費するなど)も多いので、まだまだスマホをルーター代わりにするには、要注意な無理な状況と思います。

 本ページでは、割とお得と思われる「データ通信端末の付属したモバイル ルータキャンペーン(WiMAX 、LTE)」を一覧表にして、要点を分かりやすく紹介しました。

(データ端末は、単品でも販売されていますが、別途、接続サービス提供会社と契約しなければならない。)

 まず、WiMAXのデータ通信端末では、およそ3種類が出回っているようです。初めての方が、少し注意すべきなのは、データ端末機器とモバイルWiMAXサービスの組み合わせでセットとなっている点です。

 下の一覧表、右の欄に、WiMAXサービスの種類を(UQコミュニケーションズのUQ WiMAX(注記3)など)入れておきました。

さて、3種類というのは、

1.モバイルルータ(下の写真は、BIGLOBEキャンペーンからのもの)

 大きさは、ポケットに入る程度のサイズで、スマートフォンよりも短く、幅が5ミリくらい広い程度の「9Cm x 7Cm」で、家でも外出先でも使える持ち歩き可能なものです。

 有線LANポートを搭載した専用クレードルというもの(左下の写真)が、たいていは付属していて、デスクトップパソコンやネットワーク対応テレビにつなげて利用すればホームWiMAXルータにもできます。

 1−1)「モバイルルータ+専用クレードル」の例)

  ●写真例は、@nifty がキャンペーン中のものです。
 →「AtermWM3600Rクレードルセット+タブレット端末(Nexus 7:Google)が980円



 写真からお解かりのように、フレッツ光での無線LAN接続と混同しそうな位便利な方式なのです。
(私も実は、最初混同していました。)

 1)ノートPCで、(クレードルに置いて)家でも、(持ち運べば)外出先でもラクラクネット接続できます。

 2)スマホやタブレット端末から、無線接続が出来ます。

 3)デジタルカメラで撮った写真を直接、ブログなどへアップロード出来ます。

 4)ゲーム機も無線接続で、オンライン対戦やダウンロードが出来ます。

 光接続での無線LANとどこが違うのでしょうか。

 それは、(光接続が光ケーブルの電話回線から来るのに対して)WiMAX基地局から飛んで来る移動体通信用の電波が、直接本体のモバイルルータに届いていることです。

 (言い訳をするようですが、)これは、なかなか従来の電話回線、ADSLやフレッツ光に慣れた人にはピンと来ません。以下の装置についても、この点は同じなのです。

 次のホームルータなどは、さらに混乱するかも知れませんね。形状が電話回線のADSLルータとそっくりだからです。(ここに基地局から飛んできた電波が受信されて、)ここから、さらに無線LAN接続するのです。

2.ホームルータ

 左は、無線LAN/有線LAN機器に対応する屋内用のホームルータです。形状は従来の(電話回線の)接続ルータとほぼ同じです。

 固定回線としての利用を想定したホームWiMAXルータのため、従来のインターネット接続用無線LANルーター見たいなものです。

 ←写真は、BIGLOBEキャンペーンからのもの)


3.USBタイプ

 これが、イメージ的に一番わかりやすいかも知れません。

 パソコンのUSB端子に差して使えるUSBタイプで、外出先でノートパソコンを使いたい方におすすめ。USBメモリーくらいの大きさである。

 ←写真は、BIGLOBEキャンペーンからのもの)


 さて、WiMAXのデータ端末の3種類については、お解かり頂けたかと思います。

 モバイルワイマックス(Mobile WiMAX)サービスの詳細に関しては、別のページ:モバイルWiMAXとはの方で紹介しました。そちらで確認お願いいたします。

 また、上に挙げたモバイルブロードバンドサービスの種類は、UQコミュニケーションズのUQ WiMAX(注記3)であることに注意しておきましょう。

 次に、もう1つのモバイルブロードバンドサービスに、携帯回線として発達したイーモバイルの「EMOBILE G4、EMOBILE LTE」があります。LTEについては、「LTEとは。移動通信システムにおける位置付け」のページに詳しく紹介しました。

 注記)ソフトバンクは、イー・アクセスと経営統合を決めたが、完全子会社化は、断念し、株式保有率を引き下げる方向で検討中の模様である。(2012年11月)

 このモバイルブロードバンドサービスのどちらに対応してるかによって、大都市部では(対応が進んでいるため)あまり関係ないかも知れませんが、特に地方の人には、接続できるサービスエリアも大きく違って来ます。

【モバイルルータ・キャンペーン(WiMAX 、LTE)の特徴比較】
 (期間限定のため特典は期間により変化します。2012年11月更新)

項目 月額料金 申込手数料 データ端末の種類
と価格
キャッシュバック サービス種類
提供エリア

【GMOとくとくBB】
イー・モバイルLTE
3860円/月
(2年プラン)
4160円/月
(1年プラン)
使い放題
事務手数料0円
(1年プラン)
LTE対応
最速75Mbps
モバイルルータ:GL04P(写真2)、GL02P、
USBタイプ:GL03D
期間中0円販売
1年プラン
2000円キャッシュバック+手数料0円
(キャンペーン期間:2012年11月末)
EMOBILE LTE(注記6)の
提供エリアの確認

@nifty do LTE 定額にねんプラン
3480.7円/月
最大7ヶ月間!
(キャンペーン期間:2012年11月末)
登録料3150円 LTE対応
最大75Mbps
モバイルルータAterm MR01LNが0円
8ヶ月目から981円
キャッシュバックなし ●Xi(クロッシイ)(LTEサービス)エリア
●FOMAエリア
Xi、FOMAエリア(注記5)の
提供エリアは別途確認下さい。

@nifty EMOBILE LTE 定額にねんプラン
3878.7円/月
(キャンペーン期間:2012年11月末)
登録料0円 LTE対応
最大75Mbps
モバイルルータ
Pocket WiFi LTE: GL04P(写真2)が 1円
キャッシュバックなし EMOBILE LTE
提供エリアの確認は、(注記6)

イーモバイル(代理店88mobileが提供)
LTEフラット
にねん+アシスト1600
3880円/月
事務手数料3150 LTE対応
最大75Mbps
モバイルルータ
Pocket WiFi GL04P(写真2)と
0円販売
VISA商品券5,000円 EMOBILE LTE(注記6)の
提供エリアの確認

@nifty WiMax (UQ WiMax)
3853.5円/月
つなぎ放題
登録手数料0円 モバイルルータと
タブレット(Nexus 7:Google)
1円販売
タブレット以外選択なら5000円キャッシュバック UQ WiMAX
提供エリアチェック(注記3)

BIGLOBE WiMAXキャンペーン
3,801円/月
使い放題
申込手数料3150円 モバイルルータ、ホームルータ、USBタイプ。
期間中、0円販売
Webアンケートと20ヶ月利用で
17000円キャッシュバック
(2012年12月2日まで)
UQ WiMAX(注記3)の
提供エリアチェック

GREEN WiMAX
「GREEN WiMAX Flat 年間パスポート」
3780円/月
使い放題
初期費用無料 ルーター(WMX-GWMR)、
USBタイプ(MW-U2510SS)
無料プレゼント
(2012年12月末まで)
サービス開始月の月額無料で、キャッシュバックはない Pilina WiMAX(注記7)の
GREEN WiMAX
提供エリアの確認

G-Call海外用Wi-Fiルータ
通信料
定額980円/日
使い放題
レンタル料無料 モバイルWi-Fi ルータ
4G LTE MiFi 4510
60(W)×90(H)×13(D)mm程度
利用中のスマートフォンやPCを
海外で利用できる、
海外用WiFiルータレンタル】サービス
キャッシュバックなし
41ヶ国対応
サービスは、国と地域で異なる。

 関連ページ :フレッツ光をモバイル系サービス(WiMAX、LTE)と比較

GL04Pの写真

(写真2)
 左は、@nifty が1円で販売する、Pocket WiFi LTE(GL04P)で、大きさは、スマホのiPhone 程度のサイズである。
 イー・アクセス(イー・モバイル)の回線EMOBILE LTEを利用している。


注記1)@nifty EMOBILE G4:(これはWiMAX の分類ではなく、3.9G携帯回線サービス。)

  イー・アクセス(イー・モバイル)が提供する回線を利用した、下り最大42Mbpsの持ち運べる高速インターネット。

GP02の写真

注記2)
 「Pocket WiFi」(ポケットワイファイ)(GP02)は、@nifty EMOBILE G4サービスエリアであれば、家でも外でも、どこでもWi-Fi利用が可能なWi-Fiモバイルルーター

左は、モバイルルータGP02


注記3)UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社のサービス。実人口カバー率(全人口に占めるサービスエリア内に居住する人口比率)も全国政令指定都市で95%以上。(詳しくは、「UQ WiMAXとは」のページを参照方)

   通信速度は最大で、下り40Mbps、上り15.4Mbpsというが、利用環境、電波の状態、回線の混雑状況などにより変化する。

注記4)EMOBILE G4:(これはWiMAX の分類ではなく、3.9G携帯回線サービス。)
 イー・アクセスが提供するサービス(人口カバー率94%)。
  通信速度は、下り最大42Mbps(エリアにより下り最大21Mbpsまたは下り最大14.4Mbps)/上り最大5.8Mbpとのことであるが、利用環境、電波の状態、回線の混雑状況などにより変化する。

 具体的には、上り最大5.8Mbps対応エリアは一部エリアのみ。上り最大5.8Mbps対応出来ない通信可能エリアでは、上り最大1.4Mbps(一部エリアでは最大2.0Mbps)または384kbpsとなるようです。

注記5)Xi、FOMAエリア:NTTドコモが提供(WiMAX の分類ではなく、3.9G携帯回線サービス)

 Xiエリアの下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの対応エリアは、一部エリアのみとなる。Xiエリアの一部エリアを除く最大速度は、下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbpsとなる。

 「FOMAハイスピードエリア」では、下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps、その他のエリアでは下り最大384kbps/上り最大384kbpsとなる。
 (記載の回線速度は理論値です。)

注記6)EMOBILE LTE:(これはWiMAX の分類ではなく、3.9G携帯回線サービス)

 EMOBILEのサービスエリアは、EMOBILE G4とEMOBILE LTEの2つがある。
 (EMOBILEサービスエリア確認

 「EMOBILE LTEエリア」の下り最大75Mbps/上り最大25Mbps対応エリアは一部エリアのみです。この最大速エリア外の通信可能エリアでは、下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbpsとなる。

 「EMOBILE LTEエリア」外の「EMOBILE G4エリア」では、EMOBILE G4の通信速度となる。

注記7)Pilina WiMAX
  UQコミュニケーションズのWiMAX回線を用いた高速モバイル通信サービス。

主に企業向けのクローズドサービスである。インターネット網を経由しないため、ウィルスや盗聴といったインターネット特有のリスクがない。(モバイルWiMAXとは参照



 以下は、フレッツ光についてです。



 

フレッツ光の申し込みは、NTT東日本と西日本どちらにも、下記から出来ます。



【運営者の感想と1つの提案】

フレッツ光の申し込み方法は大変解りにくいものです。しかし、料金構成から見ればシンプルなのです。
 ★月額料金=NTTフレッツ利用料金(光ライト以外は月額固定)プロバイダー料金(月額固定)
 (初めての場合、この他、NTTの初期工事料が別途かかる。)

 このため、「フレッツ光方式とプロバイダー」の組み合わせを、簡単に選ぶ方法として、

  ●ランニングコスト重視派なら「月額料金の合計が最低を選ぶ」、
  ●入る時の割安感重視なら「キャッシュバックなど入会特典から選ぶ」、

の2つの中から、選択するのも1つのアイデアと思います。 この方法については、下記のサイト


 お得なフレッツ光キャンペーンサイト > フレッツ光 プロバイダの賢い選び方 のトップページの上の帯欄に入会特典やプロバイダの賢い選び方掲載があります。

 

--PR--

--PR--

 


Powered by Movable Type 3.33-ja Copyright(C) 2011- フレッツ光の値下げと、WiMAXとの比較へ Allrights reserved.